ここから見える景色、


by mimukoo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

南イタリアでチューを。

朝、イタリアのバーリというところに着く。
雨が降っていた。

まだイタリアに来たっていう実感はない。

ちょうど船から降りると、きのう会った学生団体旅行にはお迎えのバスが。
すぐに去っていくバスをちょっとうらやましげに見ながら
私たちは、この港からどうやって近くの駅まで行けるのか分からず
結局バスを1本逃し、1時間くらい港で待ちぼうけ。

やっと駅に着き、とりあえずイタリア風にバールに入ってエスプレッソを!
ギリシアでも思ったけど、イタリア人も顔が濃い。

夜行でローマに行くとして
昼間はマテーラという岩山をくり抜いて作られた洞窟住居が有名なところに行く。

そこでバスをタダ乗りし、どこでお金払うのかな?と思う。
これが後で痛い目にあうのだけど。

たまたまトニーというイタリア人男性に会ってちょっと話す。
顔もひげも濃いけど、かなり親切だった。

そしてお別れするときに、ホッペにチュッチュッ!された。
かなり恥ずかしかった。さすが外人!

夜はバーリの街をふらふら。
石畳の街並みになんだかタイムスリップしたような気分。

b0038067_0493272.jpg

[PR]
# by mimukoo | 2005-03-05 00:31 |

イタリア行きの船の中で

アテネ市内から列車でパトラという港まで行く。
列車の中から見た海がエーゲ海?
パトラで船のチケットをとる。
部屋なしのデッキ席。

船は18時発だから、それまで食料を買いだししたりする。
船に乗ってイタリアに行くなんて、なんかカッコよくない?
なんて思ったりしてます。

船には5時過ぎから乗って、自分たちの席を確保して、船のあちこちを歩き回った。
中は広くて、Barがあったりして、優雅だ。
卒業旅行の団体旅行の学生たちがいっぱいいて、びっくりしたけど。

船が出発してからは、外も暗くなり
特にすることもなく、ずっと本を読んでた。
これからまた新しい土地に向かうことにワクワクしながら

デッキ席はかなり寒く、ここでは寝れないと判断し
下に降りて、通路の椅子で寝る。
部屋もないなんて、本当に貧乏旅行だな・・・
b0038067_026180.jpg

[PR]
# by mimukoo | 2005-03-04 00:11 |

デルフィの信託

デルフィに行く。
朝早く出る予定だったのに起きられず、なおかつアテネからバスで約3時間かかる。
しかもアテネからデルフィ行きが出ているバスセンターに行くバスもよく分からず迷う。

バスセンターに行く途中のバスで英語が話せる女の子に会い
その子が親切にバスセンターからデルフィまでにチケット売り場まで連れて行ってくれた。
ありがとう。

1時発のバスに乗って着いたのは4時。
それでもってアテネに戻る最終のバスは6時。
移動に往復で6時間かかって実質いるのは2時間。

そして、なんと一番メインの遺跡は3時までで入れなかった・・・
ゼウスの神殿・・・

でもものすごく天気がよかった。人もほとんどいなかった。
かろうじて入れた遺跡の中をゆっくり歩いて、遠くの景色を見てたら
なんだか時間が止まったみたいだった。

ギリシアに来てそんなに天気も恵まれず、移動も思い通りに出来なかったけど
ここにこれてよかった。

明日はついにイタリアに向かう。
エーゲ海にはもっと大人になってお金も持って
そしたら行こう。
b0038067_07952.jpg

[PR]
# by mimukoo | 2005-03-03 23:52 |
エーゲ海に行こうとしたんです。

でも今日はミコノス島への船が出てないって。天気悪いからか?

そして私たちはこれからの日程について考えた。
今日は3月2日。帰国まであと15日。
これから船でイタリアに行き、南仏を通って、スペインに行き、スペインの一番下からモロッコに行って最後にマドリードから日本に帰る。

でもどう考えても日程足りなくないか?

明日エーゲ海に行く。アテネに戻ってくるのは早くても3月5日。そのままうまく行けば6日の朝の朝にはイタリアに着く。でも余裕を見て7日。それから夜行でローマに向かう8日。最低でも2日はいたい、10日・・・・って考えるとどう考えてもスペインで時間がなくなり、モロッコにも行けなくなる・・・

でもギリシアにまで来てエーゲ海に行かないのか??

今こそ決断力!!

エーゲ海行きます!

って決めて船のチケットをとる。
その時点ですでに昼ごろだったし、今日はゆっくりしよう、っていうことでアテネ市内のカフェで
だらだら過ごす。

でもやっぱり・・

そんなときに、明日も船はストで動かないことを知る。
つまりエーゲ海にも行けないし、イタリアに渡ることもできない。

エーゲ海には絶対に行けないという事実。
良かったのか悪かったのか。
とにかく明日もこの場から動けず。
[PR]
# by mimukoo | 2005-03-02 18:20 |

ついにパルテノン神殿

天気悪し。肌寒い。
今日から3月なのにあまり実感なし。
旅に出てから10日が過ぎた。残り約20日。まだまだ終わらない。

アクロポリスに行って、今日はひたすら遺跡を見る。
小さいころから何度もこの遺跡たちの写真を見てきたにも関わらず
現実はもっともっと広範囲で大きい。

何千年前のものがこうして残されていること自体、不思議を感じる。

夏には、オープンカフェでライトアップされた遺跡を見ながら
ご飯を食べれる、なんて最高なこともできるんだけど、
冬じゃそんな楽しみも寒さでできない。残念。

ローマンアゴラにて
ひとつ悪いことをしてしまって、管理人のおじさんに目をつけられる。
ごめんなさい。もうしません。

夜はシンタグマ広場からリカビトスの丘に行く途中にある鶏肉屋で
がっつり食べて、オシャレなカフェに。
スーパーに行って明日の食材を買おうと思ったのに、閉店時間で買えず。

明日はエーゲ海のミコノス島に行くことにする。
夢にまで見たエーゲ海!
b0038067_11482032.jpg
b0038067_11484050.jpg

[PR]
# by mimukoo | 2005-03-01 11:18 |

アテネへ

ウィーンから飛行機でアテネへ。
この寒さからやっと解放される!

第2ステージのはじまり。

中心街に着いて、まずは恒例の宿探し。
バックパックを背負って歩いていると、いろんな人が話しかけてくる。
親切なのか・・・グルなのか・・・。

結局、2人で20ユーロの個室のとこに決めた。
キレイではないけど、悪くはない。

で、何が一番衝撃かって言うと、宿の主人。名前はミヒャエル(偽名)
前髪がやたら長く、ちらっと見える目が怪しい。
ゆっくり話す英語はまるで子守唄。
しきりに、nice,goodを繰り返す・・・

そんなこんなで、散歩に出掛ける。
パルテノン神殿があるアクロポリスが良く見えるというリカビトスの丘へ。

夕方から夜にかけてずっといた。
ちょうどいい気温になって、夜でも寒くない。
アテネの街をずっと見てた。

b0038067_2381339.jpg

[PR]
# by mimukoo | 2005-02-28 02:20 |

寒さと戦う in ウィーン

b0038067_0222994.jpg
朝起きると、雪が積もっている。
今日は日曜なうえに、朝ウィーン少年合唱団の歌声が聴けるミサがあるらしい。
しかも地球の歩き方は適当だから場所がいまいち分からない。

朝、誰もいないウィーンの街を歩き、迷い、なんとか着いた。
天使の歌声といえば歌声なんだけど、ミサだから歌と歌のあいだが長すぎて・・・

その後、外に出ると顔をそむけたくなるような寒さ。
だって私たちの靴はコンバース。布です。足が凍りそう。
もう王宮とかどうでもいいよ、ってなるぐらいつらい。

でもしっかり観光する。ウィーンはパリと同じくらい日本人がたくさんいた。
メジャーな街なのね。
カフェに入ろうにも日曜は休みらしくてあまりあいてない。
結局、小さなカフェで紅茶を飲む。ウィンナーコーヒー飲みたかったんだけど。

せっかく音楽の都に来たから音楽が聞きたいけど、オペラは高そうだし、分からなさそうだから楽友協会に行き、ちょうど4じからのコンサートに駆け込みセーフ!

5ユーロで立ち見だけど、とても素晴らしかったです。
クラシックもたまにはいいな、と。ピアノに聞きほれた。

その後、友達の昔のピアノの先生がウィーンに住んでいるから訪ねるというので、一緒についていった。住所だけをたよりにまわりの人に助けてもらいながら、バスに乗って、歩いて、到着。

先生が夕飯を作ってくれた。なつかしき日本の味。
私たち、最近ケバブかパンしか食べてません。

ワインに酔いながら、帰る。

今日で旅はひとくぎり。明日は飛行機に乗ってギリシアに飛び立つ。
ウィーンにはもっと滞在したかった。夏にね。
b0038067_0224023.jpg

[PR]
# by mimukoo | 2005-02-27 23:56 |
ベルリンからザルツブルクへ行く夜行列車は今まで一番キレイだった。
なぜか二人部屋で簡易ベッドつき。朝にはパンと紅茶まででてきました。
ユースホステルよりぐっすり眠れた。

朝、ザルツブルクに到着。雪がぱらぱら。
この街は「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台となった街で、小さいころに映画を見てずっと行きたいと思ってた。

どうしてもマリアと子どもたちがドレミの歌を練習した山頂に行きたかったんだけど、ロープウェイも船も冬はお休み。ザルツブルクからバスで1時間くらい乗って近くまで行ったのにあきらめた。

ザルツブルクに戻って、旧市街へ。街自体が世界遺産に登録されている。観光客は冬なのに多かったけど、歩いていてとても気持ちいい。
気分はドレミの歌。でもどうしてもロケ地が分からないのです。
雪に覆われていて分からないのです。

そして寒いのです。
現実は映画とは違うの。

夏に行こうと決めました。

夜6時半の列車に乗り、9時半くらいにウィーンに到着。
音楽の都、ウィーン。ハプスブルク家。カフェ発祥の地!
b0038067_23545099.jpg
b0038067_23558100.jpg

[PR]
# by mimukoo | 2005-02-26 23:35 |
アウシュビッツに行けないかわりに、ベルリンから電車で1時間ほどの収容所へ。

ここはタダで一般に開放されている。とても広いし、展示物もかなり多い。
雪があたり一面を覆いつくしていて、寒さも半端じゃない。

一枚も写真を撮ることができなかった。
それは気分的なものもあるし、撮ってはいけないような気がしたから。

外は白、建物の中は黒。ガス室、実験室・・・。気が滅入る。

ちなみに駅のそばにあるタイ料理屋がおいしかった。安いし。

今夜、ザルツブルクに出発する予定だったはずなのに列車を予約してなく、ベルリンに戻って予約しようと思ったときはすでに満席。

急遽、夜7時半発の列車に乗ることになり、ベルリンの観光もままならず出発。
さよならベルリン。
グッバイ、レーニン!
[PR]
# by mimukoo | 2005-02-25 22:18 |

ベルリンとクマ

朝の4時くらいにベルリンのZOO駅に着いた。

ドイツは寒いって聞いてたけど、本当に寒い。

バウハウスの美術館ではEgon Eiermann という建築家の特別展が開催されてた。
戦勝記念塔ジーゲスゾイレにのぼったが、狭くて凍ってて、落っこちないけど足がすくんだ。
ここは「ベルリン・天使の詩」で天使が腰掛けてたとこ。
真似しようと思ったけど、もちろんできない。

ベルリンになんで行きたかったかっていうとやっぱりベルリンの壁が見たかったから。
これは外せない。でもたどり着いたのは、壁らしきものだったけど本当に壁だったのか??

あとベルリンといえばクマらしい。これは行って初めて知った。
街中のいたるところに、派手にペイントされたクマたちが。

さらにUnited Buddy Bears on its world tourというのが行われていて、各国からアーチストがそれぞれ一人ずつ、合計で120人のアーチストが自分の国を代表するバディー・ベアーズを創出するというもの。

そしてこの春東京の六本木に来ます。
詳しくはこちらhttp://www.united-buddy-bears.com/index.php

b0038067_18351265.jpg
b0038067_18352663.jpg
b0038067_18353987.jpg

[PR]
# by mimukoo | 2005-02-24 18:02 |